眉下のたるみを取る方法|美しさを極めたいなら目白ポセンシアを利用しよう

美しさを極めたいなら目白ポセンシアを利用しよう

レディー

眉下のたるみを取る方法

目

ダウンタイムの過ごし方

眉下切開というのは、眉毛の下のまぶたを切開する治療法で目元の美容整形で人気の治療となっています。眉下切開は、デザインを決めるために眉墨を使ってマーキングしその後麻酔をかけて余分な皮膚を脂肪と一緒に切除して縫合する治療です。眉下切開を行ってから、約一週間後に抜糸を行いその後徐々に皮膚が回復していくのでダウンタイムの過ごし方を工夫することが大切になります。眉下切開の治療は、目元の整形でも腫れが少なく比較的回復しやすいと言われていますがそれでも腫れや内出血が全く起きないわけではありません。運動や入浴は安定するまでは極力控えるようにし、メイクも簡単なものにして清潔に保つなどといったケアが必要になります。

目がより大きく見える

眉下切開の治療は、上まぶたの脂肪やたるんだ皮膚が除去されることで目がより大きくはっきりと見えるようになるので目力が強い印象にすることが出来ます。眉毛のラインが少し細くなり、目と眉毛の距離が少し近くなることからシャープな印象にすることが可能です。上まぶたはは、パソコンやスマートフォン、コンタクトレンズなどの使い過ぎなどで若くてもたるんだり老化が起きることが多くなっています。もともと、まぶたの脂肪が多かったり皮膚が厚ぼったい場合は目元の印象がぼやけてしまうので眉下切開の治療を行うだけで印象を改善することが出来ます。また、合わせて埋没法などの整形も組み合わせることでより印象的な目元にすることも可能です。